印西市の歯科医院、鈴木歯科クリニック

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

1.ご相談

検査、資料結果をもとにお口の中の状態をご説明致します。患者さんのご希望を伺うとともに、インプラント治療や他の治療方法について、詳しい説明のお時間をお取りします。

2.CT撮影

相談の結果、インプラント治療を希望される場合は、CT撮影によりさらに詳細なデータにて診断を行います。

3.1次手術(インプラント埋入外科手術)

顎の骨にインプラントを埋め込みます。

4.2次手術(アバットメント連結手術)

1次手術後に数ヶ月(上顎で4~6ヶ月、下顎で2~4ヶ月)待った後に、粘膜を切開し、インプラントの支柱部分(アバットメント)を装着します。ここでは歯肉の量や質の改善を行うために、歯周形成外科を併用する場合があります。その後仮歯を入れます。

5.上部構造装着

2次手術後に歯肉の状態が整えば(1~2ヶ月後)、最終的な歯を入れます。

6.メインテナンス

状況に応じて1~4ヶ月ぐらいの間隔でメインテナンスしていきます。必要に応じて咬み合わせの微調整やレントゲン撮影を行うことがあります。

印西の歯科印西市の歯医者をお探しの方は歯周病専門医のいる鈴木歯科クリニックへお越し下さい。院長が昭和大学歯周病学講座で鍛えた技術を積極的に使うことで歯をできる限り抜かずに保存する治療を心掛けております。歯周病治療を中心に患者さん一人ひとりに最適な治療を提供しています。