歯周病専門医が行うインプラント治療とは

歯周病専門医が行うインプラント治療とは

安心・安全な治療を提供しています。

安心・安全な治療を提供しています。

インプラント治療が進んでいる北米のアメリカの歯周病学会(AAP)では「インプラント治療は歯周病の専門医が行うべきだ」という考えが定着しています。それだけインプラント治療の成功は歯周病治療と密接に関係しているからです。インプラント治療を考えていらっしゃる方は、まずはご自分のお口の状態を理解して、歯周病治療に長けた歯科医院を選ぶことが重要になってきます。

自分の大切な歯を失うことはとてもショックな出来事です。食事を楽しみ、人と語らい、笑顔でコミュニケーションすることなどに影響して、生活そのものが消極的になってしまう方もいると聞きます。

「失った自分の歯を取り戻せる」といわれ、今ではインプラント治療もあらゆる歯科医院でどなたにも勧めるような治療法になりました。しかし、インプラント治療は本当にどなたにも適応するのでしょうか?残念ながらインプラントは万人に適応する治療方法という訳ではありません。

それは、インプラント治療はインプラントを支えるのに十分な骨があるかどうかがとても重要なポイントとなるからです。「骨が十分にある?」とは、どういうことかとお思いになるかもしれません。歯を支えている顎の骨(歯槽骨)の状態が、インプラント治療に耐えられるだけ健康であるかが重要になってきます。

例えば、歯周病が重度に進行した歯や、根のまわりに膿がたまった歯では、歯を支えている顎の骨が細菌によって溶けて減ってしまいます。そのような歯を抜くと、その部分は大きくくぼんでしまいます。このような状態では、インプラント治療をしても、地盤の悪い土地に杭(インプラント)を打つようなもので、インプラントは安定しません。

インプラントは、顎の骨量が十分でないとできない治療なのです。顎の骨が十分でない状態とは、歯周病で顎の骨が溶けてしまい、インプラントを埋める骨がない状態のことをいいます。しっかり噛めるようになるためにインプラントをしたいという方は、インプラント治療の前に歯周病を治療して、お口の中の環境を健康な状態にすることが何よりも優先されます。

なぜならば、インプラントを埋める箇所が歯周病の方は、他の残っている歯も歯周病にかかっていることが多いからです。このようなお口の環境では、このインプラント治療をしても、他の自分の歯が感染源となりインプラントが長持ちする可能性が低いからです。確実で長持ちするインプラント治療を行うためにはお口全体の歯の歯周病を徹底的にコントロールする必要があります

歯周病を徹底的にコントロールしてお口全体が清潔で健康な状態になっても、歯周病が原因で歯が抜けるとその部分の骨は退縮する傾向にあり、顎の骨が十分でない状態の場合もあります。こういったケースでインプラント治療をしても、インプラントは安定しないばかりか、安全性、機能性、審美性にも問題が出てきます。

そのような場合、まずは顎の骨の再生が必要になります。骨の移植や再生療法によってインプラント治療が可能となるケースがあります。しかしそれらの治療法は人によって効果の違いがありますので、豊富な知識と経験がある当院の歯周病専門医にご相談ください。

術前

%e2%91%aa%e8%a1%93%e5%89%8d

歯周病により骨が失われ抜歯となった部位。

術後

%e2%91%aa%e8%a1%93%e5%be%8c

骨の再生(骨造成)、歯茎の再生を行いインプラントを埋入した部位。審美的で清掃しやすい形の歯(被せ物)を作ります。

前歯のインプラント治療

前歯のインプラント治療

前歯は審美性を考慮したインプラント治療を行います

前歯のインプラント治療