印西市の歯科医院、鈴木歯科クリニック

一般歯科

むし歯について

歯を失う原因歯を失う原因のほとんどはむし歯か歯周病です。
つまり、この2つを防ぐことが出来れば、生涯にわたって自分の歯を保つことが出来るのです。
当歯科医院では、そのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

歯に優しい治療 ~MI治療とは~

当院では、現在残っている歯を長持ちさせる治療を行っています。
MIとは、「ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)」の略で、むし歯となった部分の歯を、最小限に削るという意味です。
歯は一度削ってしまうと二度と再生することはありません。
私たちは、むし歯となった部分の削除量を最小限に抑え、健康な歯を出来るだけ残して、歯の寿命を長くすることをコンセプトとしています。

MIを実践するために ~材料の進歩~

当院では、MIを実践するためにコンポジットレジン(CR)を多用しております。
コンポジットレジンとは、歯の色に似た白い詰め物のことです。
最近のコンポジットレジンは以前と違い、接着性が進歩し、歯との接着が確実なものになってきました。そのためこの材料の進歩と伴に現在ではMI治療が可能となり定着してきています。

むし歯に感染した部位のみを除去し、コンポジットレジンにて修復。健全な歯質まで削らずに済みます。

むし歯検知液 ~カリエスチェック~

歯科医院でむし歯の治療をされている際、どうやってむし歯を見分けるのだろうと思った事はありませんか?
むし歯部分は、歯質が軟らかくなっているためその部分を削るのが最も一般的な方法です。
歯質が軟らかくなっている部分はむし歯菌に感染している正真正銘のむし歯です。
しかし、その周辺に薄く存在するむし歯菌に侵されていない少し軟らかくなっている部分は、あえて削らなくても再石灰化によって硬くなる可能性の高い部分です。
そのためむし歯菌がいる歯質の判別の指標となるのが、「むし歯検知液 カリエスチェック」です。
これを使用することで、本当に悪い部分だけを削り、削る部分を最小限に抑えることができます。

重症化したむし歯に、MI治療は適用できません。
そのため、むし歯予防に努めて積極的にメインテナンスを受け、むし歯をできないようにし、万が一できてしまっても「早期発見」できるように心がけることが大切になります。

むし歯は早期発見が大切です

むし歯治療生涯にわたり、美味しく食事をいただく為には、口腔内の環境を良くする事が大事です。
むし歯がある場合はまずむし歯治療をすることが第一歩になります。
大人のむし歯の場合は早期発見・早期治療が有効です。
当歯科医院では抜歯は最後の手段と考えています。
歯をできるだけ残すためにも早めに治療においで下さい。

DSC_1247+1

歯科医院での早期発見と早期治療

治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことでむし歯リスクを最大限減らすことが出来ます。
とはいえ・・
歯医者はなんとなく怖くて
痛い治療は嫌・・・
解っているけど、むし歯は進行しているけど、痛くないのでほったらかしにしている
いそがしいのでそのままに・・
というような方はまだまだ多いのが現実です。

怖い原因は治療時の痛みもそうですが、ドリルのキーンとした音や、今何をされているか解らないと言った不安要素が大半のようです。
当歯科医院では痛くない治療を心がけているのは当然ですが、不安を解消していただく為に治療についてのご説明をきちんと行います。不安な点や分からないことがあれば、お気軽にお尋ねください。

歯周病について

歯周病治療歯周病は決して高齢な方にのみ起きる現象ではありません。
35歳で80%以上の方が歯周病になっていると言われていますが、実は10代のころから少しずつ進行しているのです。

歯周病とは

歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)や歯石の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯肉の境目についた歯垢や歯石から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していき、 最悪の場合、歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行過程

正常な場合 歯肉炎 軽度歯周炎
中度歯周炎 重度歯周炎 歯周炎末期

危険信号は?

  • 毎日の歯磨きで出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯肉が何となくゆるんでいる感じがしたりする
  • 口臭が続いていて気になる
  • 何となくどこか、痛い・かゆい・不快だと感じる
  • 歯がぐらつく
  • 歯が伸びてきた
  • 歯の位置が移動してきた

こんな症状のあるかたは要注意です。

歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます

ほとんどの人は、歯肉から血が出る。腫れた。
といった自覚症状を感じてからはじめて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。
歯周病は歯磨きでは防げません。
毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去は歯ブラシではできません。
歯石は一度できると歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。

歯周病の治療と予防

歯石とは、唾液中のカルシウムなどが沈着することにより自然に出来ます。
そして一度付いた歯石は医院でしか除去できません。
定期検診の最大の目的は、この付着した歯石の除去です。同時に初期むし歯の有無もチェックします。

当歯科医院では歯周病治療を行うと共に、歯周病予防、ブラッシング指導などのお手伝いもさせていただいております。
現在、むし歯がない方も歯石除去の為に定期検診に来ていただければ、気付かないうちに歯周病が進行して歯ぐきから血が出てくる・・と言った事態を避けることが出来ます。

歯周病と全身疾患

歯周病はお口の中で起こる疾患ですが、歯周病が原因で糖尿病や心臓疾患などの全身疾患を引き起こすことがあるのは既に確証されています。

印西の歯科印西市の歯医者をお探しの方は歯周病専門医のいる鈴木歯科クリニックへお越し下さい。院長が昭和大学歯周病学講座で鍛えた技術を積極的に使うことで歯をできる限り抜かずに保存する治療を心掛けております。歯周病治療を中心に患者さん一人ひとりに最適な治療を提供しています。