印西市の歯科医院、鈴木歯科クリニック

歯牙移植

自家歯牙移植とは

万が一奥歯を抜かなければならなくなったとき、ご自身の親知らずが残っていれば、抜いた歯の部位に親知らずを移植することが可能です。

歯を抜く基準は歯科医院によって様々ですが、抜歯をする前に当院ではまず歯周病治療・歯周組織再生治療や感染根管治療を行い、保存することをお奨めしています。もしそれでもその歯を抜歯しなければならない場合は、親知らずを移植する自家歯牙移植(歯の移植)をすることも可能です。抜歯した後は、入れ歯やブリッジ、インプラントにすることが一般的ですが、患者さんの条件が適応すれば、ご自身の奥歯を移植することも可能です。

自家歯牙移植は、不要な自身の器官を再利用するという点を考慮すれば、失った歯を回復する手段としてはインプラントの前に検討すべき治療法であると考えています。

治療例

術前

歯根破折にて保存不可能であった。

歯根破折にて保存不可能であった。

術中

抜歯を行い、親知らずを移植、固定

抜歯を行い、親知らずを移植、固定

術後

移植後

移植後

印西の歯科印西市の歯医者をお探しの方は歯周病専門医のいる鈴木歯科クリニックへお越し下さい。院長が昭和大学歯周病学講座で鍛えた技術を積極的に使うことで歯をできる限り抜かずに保存する治療を心掛けております。歯周病治療を中心に患者さん一人ひとりに最適な治療を提供しています。