口臭対策

口臭の原因ってなに?

当院では、様々な角度から口臭対策をご提案しています。

歯科で対策できる4つの原因

0f10090f2788d3da867fd274a5860a44_l

口臭は自分では気づかないことが多いものです。他人から指摘されてショックを受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「キレイな息」、これは普段の生活でも仕事の上でもエチケットです。当院では、普段から「キレイな息」のためにお口の中のメインテナンスをお勧めします。
口臭の原因には様々な原因がありますが、その中の「つめ物・かぶせ物」「入れ歯」「歯周病」「むし歯」それぞれについて詳しくご説明していきます。

原因1

つめ物・かぶせ物

0167040001

むし歯などの治療で、一度歯科医院で歯のつめ物やかぶせ物の治療が終了すると、もう完全に治ったと思ってしまうものです。もし口臭があったとしてもそのつめ物・かぶせ物が原因だとは思わないですよね。しかし、2つの理由でつめ物の治療が終わった後に、しばらく経ってからそのかぶせ物が口臭の原因になることがあります。

1つ目は、つめ物と歯の間に隙間や段差がある場合です。特に金属製のつめ物は時間が経つと腐食し、つめ物の周囲が溶けて隙間が出来てきます。この隙間にばい菌が入り込み腐敗して臭いがしてくるのです。

2つ目は、治療した歯が再びむし歯になってしまう場合です。つめ物・かぶせ物の中でむし歯ができてしまい、それが原因で特有の臭いがしてきます。

どちらの場合でも、放って置くと臭い以外にもしみたりむし歯が進行してしまったりと問題が生じてきますので、早めにクリーニングをしたり、つめ物・かぶせ物を作り直したりする必要があります。

一般歯科 審美歯科

原因2

入れ歯

92041002

一度、入れ歯を作ると壊れるまで歯医者さんで診てもらうことはないという方は多いと思います。例えば保険の入れ歯はプラスチックでできていますが、お口の中には熱いもの、冷たいもの、固いもの、柔らかいものなど様々な食物が入ってくるという、プラスチックにとっては過酷な環境です。その為、時間が経つと入れ歯の表面に細かい亀裂や傷がついてきます。その亀裂や傷の中に汚れやばい菌が付着し、メインテナンスを怠ると、石のように固まって取れなくなってしまいます。これをデンチャープラークといい、歯に付く歯垢(プラーク)、歯石と同じで、硬くなってしまうと入れ歯洗浄剤や歯ブラシでは除去することはできません。このデンチャープラークが口臭の原因になるばかりではなく、肺炎を起こしたり、体の変調をきたしたりすることもあります。
当院では入れ歯をお持ちの患者さんが検診にお越しになった際には、歯科医院専用の強力な洗浄剤と超音波洗浄機を用いてクリーニングを行い、清潔な状態にしてお返しします。また、古く状態の悪い入れ歯をお持ちの方には、新しく作り直すことをお勧めする場合もあります。
入れ歯は正しいお手入れや使用法を守れば長く使っていただけるものですが、使い続ければ壊れたり、お口の状態が変わって使いにくくなったりもします。当院では入れ歯を常に気持ち良く使っていただけるよう、普通の歯と同様、定期的に検診にお越しになることをお勧めしています。

義歯(入れ歯)

原因3

歯周病

0367001003

歯と歯茎の境目には健康な人でも1~2㎜の深さの「歯肉溝」という溝があります。
その歯肉溝部の歯茎に細菌が入り込み、歯茎に炎症が起きるのが歯周病です。歯周病になると溝が深くなり(4㎜以上)「歯周ポケット」という深い溝を形成します。歯周病にかかるとその歯周ポケットの深さが5~6㎜になり細菌の量が圧倒的に増えて口臭の原因になるのです。
しかし歯周病は痛みがないので自分ではなかなか気づきません。高血圧や糖尿病と似ていますね。症状が出る頃には手遅れで抜歯しなければならない、ということも多いのです。また、歯周病原菌が糖尿病の悪化を引き起こしたり、脳梗塞リスクを高めたりすることもあります。さらに、妊婦さんで歯周病がある方は、歯周病原菌が全身だけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響して低体重児や早産のリスクを通常の7 倍近く高くすることも報告されています。そうならないために、当院では歯周病の予防に力を入れています。痛みがなくても定期的に歯や歯茎の状況をチェックしてメインテナンスをすることで、歯茎の炎症を最小限に抑え、進行をストップし、口臭も防ぎます。

歯周病治療

原因4

むし歯

0167001003

むし歯ははじめに歯の表面が溶かされて、最終的には歯の内部に空洞ができるように進行していきます。歯と歯の間の見えないところから溶かされ、内部で大きく広がってしまうこともあります。初期のむし歯は痛みがなく、徐々に違和感やしみる感じがしてきます。むし歯は深くなればなるほど細菌が増え口臭が増します。初期のむし歯は自分ではなかなか見つけることができませんが、レントゲンと専用器具でかなりの精度で早期発見することができます。
当院ではむし歯から歯を守るため予防重視の考えで、定期検診でのむし歯チェックはもちろん、むし歯になりやすい方には特別な予防プログラムをお勧めしています。

一般歯科 予防歯科